福祉キャリアセンターは行政への提言・提案により、官と民の円滑な協力体制の構築と、企業へのコンサルティング・人材へのキャリアアッププランの提供で、「喜ばれる喜び」の創造を行って参ります

要介護認定調査

認定調査事業とは

要介護・要支援認定の申請があったときに、調査員が訪問し、本人と家族への面接によって、心身の状況を聞き取る調査です。この調査は公平を保つために全国一律の基準で、客観的に行われます。この調査結果は、主治医意見書とともに、要介護・要支援認定の判定に使用されます。

市町村(保険者)の行う事務の一部を実施する法人として神奈川県知事より指定を受けているため(市町村事務受託法人)、市町村から依頼を受けて認定調査を行っています

認定調査を行う調査員はすべて介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を有し、かつ県や市が開催する認定調査員新任研修を修了し、認定調査員として活動しています。

広島県指定市町村事務受託法人の指定

法第24条の2第1項第2号に規定する「要介護認定調査事務」について、広島県知事より指定を受けました。広島県では初めての指定市町村事務受託法人です。

調査の質の向上

認定調査の結果が要介護認定の最も基本的な資料となるため、調査員は、認定調査の方法や選択基準等を十分理解した上で、面接技術等の向上に努めなければならないとされています。

そのため、採用後の社内新人研修では、調査項目の理解や質問方法、特記事項の書き方など、調査に必要な技術の習得を行っています。

お問い合わせは... TEL 082-247-7333 受付時間:月~金曜日 9:00~18:00
(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加