介護職員実務者研修











介護課程の事例を基に実技を行います。この実技では知識・技術の総合的な扱い方を実践を通して学び、系統的な介護を提供できる現場力を身につけます。
更には、介護計画を基に、安全確保・事故防止、家族との連携・支援、他職種、他機関との連携、利用者の心身の状況等に応じた介護を行えるように、現場で必須となる技能を習得します。

 

家庭学習終了で受講することが出来ます。
医療的ケアを安全・適切に実施するために必要な知識の習熟度をテストにて確認し技術を演習で修得します。
演習は規定の回数を実施した後、評価テストを行います。
修了にはこの評価で合格する必要があります。

※実際に「たんの吸引」や「経管栄養」を行うためには、実地研修が必要となります。この講座は基本研修のみで実施研修は行っておりません。