福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員養成講座とは?

福祉用具専門相談員とは、介護・福祉・医療に関する、福祉用具の専門知識を有し、利用者に合った福祉用具の選定相談のできる「プロフェッショナルアドバイザー」のことです。

福祉用具の選び方や使い方をアドバイスする専門職を養成します

高齢者が介護保険を用いて福祉用具を使用する際に必要な用具の利用環境、利用者(ご本人とそのご家族)の希望や心身の状況などの情報を収集し、専門知識に基づいて適切な用具の選定や利用者に合わせた調整やアドバイス・点検・メンテナンス等を行う専門職です。 介護保険の指定福祉用具貸与・販売事業所には常勤で2名以上の配置が義務づけられているため、取扱事業所への就職に有利な資格です。また、他の介護・福祉の資格を持っている方にとっても専門知識によるプロフェッショナルなアドバイスが可能になります。 本資格はどなたでも受講でき、試験もありませんので気軽に取得できる資格の一つです。

こんな方にオススメです!

・福祉用具を扱う仕事をしたい方
・医療・福祉の現場で働いている方
・福祉用具に関する理解を深めたい方
・家族のために福祉用具に関する知識を勉強し、もっと福祉用具を有効活用したい方
・キャリアアップを目指す方
・福祉用具貸与を行う事業所、福祉用具のレンタル・リースを行う事業所で活躍したい方