医師事務作業補助者養成講座

医師事務作業補助者養成講座 通信コース

通信コースについて

通信コースは現在病院にお勤めの方で医師事務作業補助者として配置されている方、もしくは配置される予定の方を対象とした養成講座になります。
医療現場で働きながらでも受講できるよう、短時間の講座と添削問題・レポート課題によって構成しています。

通信コースのPoint

Point

2日間の講座と添削問題・レポート課題で
厚生労働省の定める32時間研修の内容を網羅

座学による講座が2日間と短時間になり、添削問題・レポート課題につきましては業務に従事しながら課題を進めていくことが出来ます。
2日間の講習受講完了及びレポート課題に取り組み提出して頂いた方へ、医師事務作業補助者養成講座の「修了証」を発行いたします。

研修内容

2日間の講座学習(14時間)*添削問題・レポート課題(18時間)

*本校にて担当講師による講座を行うため、2日間は来校していただく必要があります。

*10名以上での受講を希望される場合、指定場所へ担当講師を派遣し連携開校を行うことも可能です。

1日目

オリエンテーション 講座の概要、レポートについて
1 医師事務作業補助者とは 医師事務作業補助者(留意事項等)組織:コメディカル組織、仕事、役割
2 医療関連法規 医師法、医療法、保険師助産師看護師法、感染法、身体障害福祉法、高齢者の医療の確保に関する法律、医療品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律、薬剤師法、麻薬向精神薬取締法
3 医療保険制度 健康保険法、国民保険法、保険医療機関および保険医療養担当規制、介護保険法、労働者災害保険法、自動車損害賠償保険法
4 薬学 薬の基礎知識
5 個人情報、医療安全対策 個人安全保護法、情報セキュリティ対策、医療安全対策、院内感染対策
6 診療録 診療記録掲載のルール、POMRによる記載方法とSOAP
7 電子カルテ 電子カルテ、医療のIT化と法律、クリティカルパス、DPC

2日目

8 医学一般① 体の仕組みとその疾患①
9 医学一般② 体の仕組みとその疾患②
10 医学一般③ 体の仕組みとその疾患③
11 医学文書① 医療文書の種類とその作成方法
12 医療文書② 医療文書の記載 ~基本編~
13 医療文書③ 医療文書の記載 ~応用編~
14 医療文書④ 医療文書の記載 ~応用編~

・所定の研修項目を履修された方へ医師事務作業補助者の終了証を発行いたします。

・カリキュラムの内容は変更の可能性があります。

対象者

病院にお勤めの方で医師事務作業補助者として配置されている方
または配置される予定の方

受講料

医師事務作業補助者養成講座(通信コース)

35,000円(テキスト代込み・税別)