強度行動障害支援者養成研修

強度行動障害支援者養成研修とは

知的障がい、精神障がいにより強度の行動障害を有する者に対し、障害特性に基ずく適切な支援が行えるよう、また適切な支援計画を作成することが出来るよう、知識及び技術を習得することを目的としています。
このカリキュラムは「行動援護従業者養成研修」と同等の内容であり、全日程を終了すると行動援護従業者養成研修修了者と同等の扱いとなります。
平成30年度より、広島県の指定を受けて福祉キャリアセンターでも開校することとなりました。

このような方にオススメです!

・障がい福祉サービス事業所、障がい者(児)支援事業所にお勤めの方
・放課後等デイサービス、訪問介護事業所にお勤めの方
・自閉症やその他、障がい分野に関心のある方や勤務を考えている方 など

カリキュラム

10月20日開講

今回の研修では、4日間のご都合がつかない日がある方に対し、別会場にて補講の受け入れを行っております。詳しくはお問い合わせください。
※事前申請のうえ、指定された日に出席できる方に限ります。別途、補講料がかかります。

講座概要

基礎研修 講義6時間、演習6時間。実践研修 講義4時間、演習8時間。

場所 キッズさぽーとyui
※駐車場をご希望の方は、お問い合わせください。

受講料 4日間 35,000円(税込・テキスト代込)
基礎・実践どちらか2日間 19,000円(税込・テキスト代込)