福祉キャリアセンターは行政への提言・提案により、官と民の円滑な協力体制の構築と、企業へのコンサルティング・人材へのキャリアアッププランの提供で、「喜ばれる喜び」の創造を行って参ります

介護ロボット普及推進事業

介護ロボット普及推進事業について

paruro超高齢化会の介護現場においては、慢性的な人材不足など業界を取り巻く様々な課題がクローズアップされており、介護分野の課題解決に向けて、ロボット関連技術などの先端技術を活かす試みが新たに導入されています。当社団では西日本初となる「介護ロボット普及推進事業」に着手しております。

介護ロボットとは?

現場で問題となっている人材不足・人の手だけでは難しいリハビリのサポート・アクティビティのフォロー・見守りなど、様々な分野で検討・開発されております。

toha

当社団での普及推進

わが国は世界に例ををないスピードで高年齢化が進行しており、介護の人材不足の問題は今後ますます深刻化することが予想されます。当社団では介護される側の負担軽減も含めて、ロボット技術を活用した問題解決・産官学連携での新産業育成を図るため、以下のように推進して参ります。

  • 実地検証データ集め(※)→分析→報告書の作成→⾏政へプロポーザル
  • 啓発活動として各種セミナーの開催

※当社団では、実地検証によるデータ収集の為、ご協力頂ける介護施設を募集しています。
ご興味のある方は下記連絡先までご一報ください。

介護ロボット普及推進事業
お問い合わせ先 情報サービス課 担当 中川
TEL 082-247-7333受付時間:月~金曜日 9:00~18:00
(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加